windows 10 insider preview Build 17666

4月30日にRS4が配布開始されて
RS5も配布が5月3日に FAST 向けに Build 17661 から始まりました。
5月9日に Build 17666 が配布されています。

私の環境は Intel 系ノートPCは 17661 で問題なく入ったのですが、相変わらず問題児のデスクトップはインストールの途中で Hal Initialization Failed のエラーをはいて停止すると言う状況でした。
結局原因は分からず 17666 で無事インストールできました。

ぱっと見たところ変わったところがエクスプローラーやアプリがタブブラウザみたいなウィンドウになってました。
使用上致命的不具合は起きていないのですが、たまに Firefox の全画面ウィンドウ表示にした時にタスクバーは下にあるのですが画面上部に存在している感じでずれて表示される。なので上側に空きができて下側がタスクバーに隠れると言う状況。
PowerShell で日本語の幅が圧縮されて表示される問題を見つけました。プロパティで従来のコンソール表示にすると直るので何かおかしいのでしょう。
ただ従来のコンソール表示だと bash on windows が起動しないので困ったものです。

これからどう変わっていくか楽しみですね。

windows 10 insider preview build 17133

windows 10 insider preview build 17133 が3月27日に Fast ring 向けに公開、
それから3月30日に Slow ring 向けに順次公開されて4月2日にはすべての Slow ring での提供を目標にしているそうです。
前回の 17128 と同様ウォーターマークは消えています。
今回バグフィックスと RS4 公開に向けての配布実験も兼ねてるそうですよ。
私の環境では設定が Slow ring では無いので確認はしてませんがアップデートに Feature update for Windows 10, version 1803 として表示されるらしいです。

それにしても最近またデスクトップPC突然シャットダウンが再発しかけたのです。
起動直後のBIOSでの CPU ファンの回転数異常が発生することもあったのですが、仮に起動後に止まったから速落ちな訳無いだろうし、モニタリングソフトでのCPU温度も警告レベルには上がらない。
電源の不調なのだろうか?
とにかく突然シャットダウンは予兆が無い、ログも残らないので原因がつかめない。
困ったものだ。

 

windows 10 insider preview build 17128

3月23日、Fast ring にて windows 10 insider preview build 17128 が公開されたようです。
あの右下のビルド表示、ウォーターマークって言うのですね。このビルドより消えました。
今回の更新は 17127 のウォーターマークを削除したバージョンらしいですが RS4 の最終ビルドというわけではなく、リリースの為に最終チェックを行っているところだそうです。

今回の更新と言うわけでは無いが Microsoft store に Cortana が設定の変更する方法の手順を表示するアプリ Cortana show me を準備したとありましたが、言語設定の問題でしょうか私の環境ではダウンロードできませんでした。

ちなみに Slow ring では 17127 を公開。
また、今週にも iso を提供予定だそうです。

windows 10 insider preview 17127

windows 10 insider preview 1712x が連続してでてきてました。
3月13日に build 17120
3月16日に build 17123
3月20日に build 17127 が公開されてます。
その前に3月7日に RS5 build 17618 のブランチも切られたようですが。

バグフィックスが主立ったようですが
17120 で Windows Defender Application Guard (WDAG) の改善が、
17123 では iOS とかで採用された新しい画像フォーマット HEIF をフォトアプリなどに対応、
17127 では Cortana に新しいプロパティページの改善 とかが行われたようです。

相変わらず windows ストアは自動で更新されず。
その代わりストアアプリの不具合のためにストアアプリの更新が失敗するらしく
フォトなどのアプリ等も不具合出ました。
放置するともっと弊害が出そうなので、手動アップデートしました。

更新失敗しているアプリのフォトは詳細からクリアを実行してストアでインストール。
他二つ何かのアプリが更新失敗してましたがこれはスタートのタイトル化けしたアイコンをクリックするだけで更新されていきましたが、一つをアプリの詳細からクリアしてしまい、なんのアプリだったのか分からないうちに消えてしまうと言うトラブルに。

RS5 もスタートしたみたいですし RS4 の公開も間近なのか。

ubuntu server アップグレード

ubuntu server のバージョンを今更ながらにアップグレードしました。
16.04 LTS がリリースされて、やらねばなと思いつつタイミングを逃して2年が…。
業務終了後に行わないといけないのでなかなか。
そうこうしているうちに、次の 18.04 LTS の時期が目前です。
18.04 が出てしまうと2回アップとやっかいなので先日思い切って実行しました。

予備サーバーでバージョンアップに影響が出そうなところは確認していました。
一つは redmine を追加リポジトリよりインストールしていたので依存の問題でアップしないこと。
まあ、これは消して入れ直すだけなので比較的簡単にクリア。

これだけかと思ったらデータベースの問題が出ました。
mysql のバージョンが 5.5 から 5.7 へ変わったため、PHP の SQL が実行されないという問題が発覚。
バージョン変更により mysql_* で始まるコマンドが使えなくなり書き換えが必要とのことです。
置き換えの方法は二つ、mysqli_ を使う方法と PDO(… を使う方法が見つかりました。
私は new PDO(‘server-address’, ‘ID’, ‘PASS’) を使う方法を選択しました。
これは書き換えで問題なくクリア。

次悩んだのが、SQL は実行され始めたが特定の SQL が実行できないと言うこと。
いろいろ調べたら DISTINC を含む SQL がダメ。
mySQL に sql_mode の ONLY_FULL_GROUP_BY が追加されこれが影響していると。
確かに並べ替えを消せば実行できるのでこの影響でした。
SQL を直せば良いのですが時間かかりそうだったので、取り急ぎ phpmyadmin から sql_mode の ONLY_FULL_GROUP_BY を削除して対応しましたが、再起動したら設定が戻る。

設定を保存する方法調べたところ /etc/mysql/my.cnf に sql_mode=……. を追記するとか出てきたのですが ubuntu 16.04 の場合だと追記すると sql_mode なんて設定無いぞと webmin がエラーをはき出す。やはり設定は反映しない。
他にはと探したところ ubuntu のコミュニティ に見つけました。
Source: How to Disable Strict SQL Mode in MySQL 5.7  らしいです。

/etc/mysql/conf.d/disable_strict_mode.cnf に

を記述し保存して restart する。これで無事設定できました。
disable ってことなので書いたのが消えそうな感じがするのですが、解除したいモードを書かずに記述すれば良いみたいです。

次の LTS は早めにアップしなきゃ。